×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク
多汗症ってどんな病気?
多汗症って知っていますか?多汗症は文字通り、汗を多くかく症状のことです。多汗症の人のの悩みは深刻です。多汗症で悩んでいる人の多くはわきの下の汗に敏感になっているといわれています。わきの下が汗ばんでいると周囲にも分かりますし、周囲に嫌な思いをさせてしまうと思ってしまうようです。そのためなかなか積極的に行動することが出来ません。常にわきの下の汗が気になってしまうのが原因のようです。
周りの人は多汗症の方が思っているほど気にしていないことのほうが多いです。これは自分に置き換えたら分かると思います。びしょびしょに書いた脇の舌の汗、すごいなぁ位には思われるかも知れませんが、ずっと覚えていられるほどではありません。結構、人に無関心な人が多いものなのです。だからあなたの多汗症を気にする人は、それほど多くはないということなので、多汗症であることをあまり気にしすぎないことが大切なのです。
神経質になり過ぎない
多汗症の症状としては頭、顔、わきの下、手のひらなどに様々な原因により汗腺から分泌される汗が必要以上に出る症状のことを言います。全身に起こる場合を全身性多汗症、特定の部位に起こる場合を局所性多汗症とよびます。人間は必ず汗をかきます。それが人より多いだけのことです。
多汗症改善のためには、まずは多汗症についての正しい知識を身につけておく必要があると思います。多汗症の原因としてはさまざまなことが言われていますが、一般的には自律神経の異常やストレスといわれています。
多汗症の症状がある人の場合は、汗に対しての悩みが非常に大きいため、汗をかくことを普段から周囲に対して気にし過ぎる傾向があります。多汗症に悩んでいる人は、小さいときから汗っかきの体質に悩んでいることが多いです。手のひらに汗をかくために、手をつなげなかったりすることもあり、悩みが深刻化することもあります。もしわきの下の汗が気になるのであれば、なるべく汗が目立たない白いシャツなどを着るように心がけて、気にならないように工夫が必要です。
多汗症の改善方法
多汗症改善で悩んでいる人も多いと思いますが、多汗症は治療によって改善することが出来ます。多汗症は治らないと思っている人も多いのですが、多汗症の治療法としてはいくつかあるようですので、自分の症状に合ったものを選ぶことが大切です。多汗症には違う病気から汗を大量にかいてしまうこともあります。例えば甲状腺機能の亢進している人などにも多汗症に悩む人がいます。
多汗症の人の中には精神的に疲労を感じている人も多いので、心理療法などを利用して多汗症の症状を改善することができます。また多汗症改善の手段として薬物治療を行うこともあります。多汗症の薬物治療は汗に対する精神的な不安を取り除くために精神安定剤が処方されることが多いようです。精神安定剤ですので、多汗症の症状を止めることはできませんが、精神的な不安を取り除くために利用されます。多汗症は交感神経が敏感に反応して汗をかいてしまうことが原因ですので、交感神経を落ち着かせる意味でも効果があるようです。
他にも超音波での治療や交感神経切除術を行って治療することもあるようです。
スポンサード リンク スポンサード リンク

Copyright © 2008 多汗症とつきあう

プライバシーポリシー メイク〜はじめての人のために 通販サイト フォーエバー21 一人暮らしでワクワク!! 初めての美容整形で気をつけること フォーエバー21